英語を駆使するスキルを身につける

そして、重要なのは、英語を駆使できる質よりも英語をまず使える日本人の数が増えなければいけないと思う。コミュニケーションにはブロークン英語であっても最初はかまわないはずである。
ところが、英語を学ぶ、話せるようになるということになると、いきなり「英語力」という話になってしまう、これは非常にまずい傾向だと思う。だから多くの日本人は英語恐怖症に陥るのではないか…
言葉としての英語はまず「道具、ツール」であって質は後回しであっても問題はないと思う。にもかかわらず日本人はその生真面目な性格から「英語=ツール」ではなく「英語力」という質の高い目標を設定してしまい、非効率的な勉強法に走ったりして自ら英語恐怖症に陥るのではないかと思う。

最後になるが、グローバル化に英語は不可欠であるが、英語はあくあでツールでしかないはずだ。真のグローバル化が求めるのはコミュニケーションスキルである。そして文化思想習慣などのバックグラウンドの異なる諸外国人と上手にコミュニケーションをとる能力を磨いて、その能力のために英語を駆使するスキルが今後の日本人に求められているのである。

具体的に言えば世界を動かすIT業界で働くのであれば英語は必須であるし、

国際政治に参画するのにも英語は必須だ。

仕事だけではなく、株やFXなどの取引をする際にも英語は必要で、

海外FX口座なんかを利用しようと思ったらなおのこと大切だろう。

コチラのサイトに寄れば日本語のFX口座もあるようだが、それは一部であろう。

今後の日本の発展、自分のスキル向上のためにも英語を駆使するスキルを身につけるべきである。