英語を駆使するスキルを身につける

そして、重要なのは、英語を駆使できる質よりも英語をまず使える日本人の数が増えなければいけないと思う。コミュニケーションにはブロークン英語であっても最初はかまわないはずである。
ところが、英語を学ぶ、話せるようになるということになると、いきなり「英語力」という話になってしまう、これは非常にまずい傾向だと思う。だから多くの日本人は英語恐怖症に陥るのではないか…
言葉としての英語はまず「道具、ツール」であって質は後回しであっても問題はないと思う。にもかかわらず日本人はその生真面目な性格から「英語=ツール」ではなく「英語力」という質の高い目標を設定してしまい、非効率的な勉強法に走ったりして自ら英語恐怖症に陥るのではないかと思う。

最後になるが、グローバル化に英語は不可欠であるが、英語はあくあでツールでしかないはずだ。真のグローバル化が求めるのはコミュニケーションスキルである。そして文化思想習慣などのバックグラウンドの異なる諸外国人と上手にコミュニケーションをとる能力を磨いて、その能力のために英語を駆使するスキルが今後の日本人に求められているのである。

具体的に言えば世界を動かすIT業界で働くのであれば英語は必須であるし、

国際政治に参画するのにも英語は必須だ。

仕事だけではなく、株やFXなどの取引をする際にも英語は必要で、

海外FX口座なんかを利用しようと思ったらなおのこと大切だろう。

コチラのサイトに寄れば日本語のFX口座もあるようだが、それは一部であろう。

今後の日本の発展、自分のスキル向上のためにも英語を駆使するスキルを身につけるべきである。

グローバル化には英語が必要

以上のことから、グローバル化が難しい最も大きな理由は「言語」であり、つまり英語の壁だと思う。グローバル化すれば人・もの・金が国境を越えて動くわけだが、日本から世界へ動かすのにも海外から日本へ動かす場合でも共通語を用いらざるを得ないから当然英語は必須となる。人・もの・金を動かす判断は人が行い、取引を通して動かす、取引には交渉も伴うし共通語である英語が必要となる。

こう考えれば簡単である。もし世界中の人が日本語を使っているならば、グローバル化してもあらゆる面において日本人にとってずいぶん気楽な世の中になるはずだ。そんなことはあり得ないわけで「英語」はグローバル化に必須であることは間違いない。

現在世界の共通語である英語だが、母国語が世界共通語になった米国人や英国人はラッキーであると思う。
その次にラッキーなのは、英語と似た構造を持ち、アルファベットを使う言語を母国語に持つ人である。
愚痴を言ってもしかたがないが、日本語を母国語に持つ日本人はアンラッキーである。しかし、このアンラッキーさは努力で克服するしかないのが運命だと思って日本人は英語でコミュニケーションできるようになるしかない。

日本のグローバル化遅れ

今の時代はグローバル化しており、日本もその流れに乗るために英語力の強化は必須だとかなり前からいわれている。しかし、その点で間違いなく日本人は他国人より劣っていることは間違いない。
私も英語が母国語でない数多くの外国人と接してきたが、多くは海外でのビジネス現場でのことであるが、圧倒的にスキルは日本人よりは上であることが多い。

身近なところで感じたことだが、NHKのテレビ番組で非常に残念な光景を目にした。NHKの「白熱教室」という番組だが、かの有名なハーバード大学マイケル・サンデル教授がプレゼンターとして毎回テーマを決めて欧米アジア日本の学生たちと議論を交わす番組であるが、毎回、日本人大学生以外の各国大学生のほぼ100%はかなりハイレベルな英語を駆使できるのだが、日本人大学生の場合、半数は英語ができるが、ハイレベルはその半数で、残りの半数はそこそこ、残りの学生は同時通訳に頼るという有様である。日本人の海外留学者数もピーク時の2003年頃の約83,000人から2012年は約60,000人に減少してきており、英語面からのグローバル化はどんどん遅れてきているようである。